旧芝離宮恩賜庭園(YSミニ辞典)

[ホーム] [索引] [前項] [次項]

旧芝離宮恩賜庭園(きゅうしばりきゅうおんしていえん) : 都立旧芝離宮恩賜庭園。
    東京都港区海岸1−4−1にある国・名勝の回遊式泉水庭園。
    現存する大名庭園としては最も古いものの一つで、 江戸庭園の典型である回遊式築山泉水庭園で、
    1678(延宝6)年、徳川4代将軍家綱から下屋敷として拝領した老中大久保加賀守忠朝が、
    小田原から庭師を呼び、富士の黒ボラ石はじめ、小田原周辺のものにこだわり、
    約8年の歳月をかけて作庭し、「楽壽園」と命名した。
    幕末頃には紀州徳川家の芝御屋敷となり、その後数氏を経て、明治4年には有栖川宮家の所有となり、
    1875(明治8)年に宮内省が買上げ、翌9年に芝離宮となった。1924(大正13)年1月には、
    皇太子(昭和天皇)のご成婚記念として当時の東京市に下賜され、園地の復旧と整備を施し、
    同年4月以降、旧芝離宮恩賜庭園として一般に公開されている。
    1979(昭和54)年6月には、文化財保護法による国の「名勝」に指定された。
    面積は 43,070m、 樹木数は高木約1,900本、低木3,000株である。
    中心となる泉水は広さ約9,000m昔は東京湾から海水を取り入れた潮入りの池だったが、
    現在は淡水の池になっている。明暦の大火の後埋め立てられ、
    現在の竹芝桟橋辺りまではすべて明治以降の埋め立て地である。
    浜離宮の6分の1とこぢんまりした庭園なのでゆっくり回れるのが良い。
     入り口近くには樹齢200年以上の藤の大木が2本ある。風鈴がぶらさがっていて、
    時々涼しげな音がなる。雪見灯籠(とうろう)の辺りは対岸の築山を背景に当園一の景勝ポイントで、
    水辺はごつごつした富士の黒ボラ石で装飾されている。
    雪見灯篭の足下には玉石を敷き詰めた洲浜26段の階段があり、上ると園内が一望できる
    八つ橋を渡った先の東屋の奥には海の波打ち際に作られた高台の九尺台(九盈台)がある。
    「九尺」とは高さ、 「盈」(えい)とは 潮や月が満ちるという意味で、
    1875(明治8)年、明治天皇がここで漁をする漁師や海の眺望を楽しまれたという。
    参 : 日本庭園
    開園時間 : 午前9時〜午後5時 問合せ : 03−3434−4029
    入園料 : 一般及び中学生150円、65歳以上70円
           小学生以下及び都内在住在学の中学生は無料
    アクセス : JR「浜松町」北口下車徒歩1分、
            都営地下鉄大江戸線「大門」下車徒歩5分、ゆりかもめ「竹芝」下車徒歩10分

 























inserted by FC2 system