くだまつ健康パーク(YSミニ辞典別掲)

[ホーム] [索引] [前項] [次項]           
くだまつ健康パーク(くだまつけんこうパーク) : 山口県下松市平田448(徳山競艇場東・川向)にある
    ツルガハマランド株式会社経営の中国地区で最大級の複合アミューズメント施設で、
    日帰り、宿泊ができる。夏は屋内大型プール、冬は星空の見える開閉式ドームでスケートが楽しめる。
    新館への連絡通路の突きあたりには「切手とコインの博物館」があり、
    全世界の切手、コインを無料で鑑賞できるが、
    あまりにも展示枚数が多いので全部見るには1日かかりそうだ。
    午後1時30分から約2時間ほど芝居があり、土日祝日は午後7時から約1時間舞踊ショーもある。
    
    下松健康パーク(2008.11.5撮影)
    
    下松健康パークの玄関入口
    
    新館のスポーツ&アミョーズメント入口。本館からも行ける
    
    ゴルフ場からの施設全景(MAPPLE健康ガイドより)
    カラオケやゲーム、芝居などで楽しんだ後は本館3階の浴室受付でタオル、バスタオルなどをもらい、
    館内着に着替えて1階の有料・無料の岩盤浴「プル釜」で汗をかき、
    (汗で濡れた館内着とバスタオルは浴室受付で無料で取り替えられる)再び3階の入浴施設で
    ロッキーサウナ、薬草サウナ、水風呂、1億3000年前の地質から湧き出た天然の
    鶴ケ浜温泉(つるがはまおんせん)、露天風呂、人工ラジウムのトロン湯、人工炭酸泉、
    気泡湯につかって家族で終日くつろげる。垢すり、マッサージもある。
    泉質(鶴ケ浜温泉) : ナトリウム・カルシウム−塩化物冷鉱泉
    源泉 : 24.7℃ PH : 9.22 無色・微灰白濁・塩味及び苦味
    効能 : 保温効果、火傷、切り傷、皮膚病、貧血、消化器病、便秘、胃腸病、肝臓病など。
          飲用として胃腸病、便秘。トロン湯、人工炭酸泉にも別効能がある。
    営業時間 : 午前10時〜午後11時(年中無休だが、メンテナンス休業がある)
    
    洗面所(男性ロッカールーム)
    
    中央奥左側が男性浴室入口
    
    男性浴室の鶴ケ浜温泉(MAPPLE健康ガイドより)
    
    人工炭酸温泉(女性浴室)(MAPPLE健康ガイドより)
    
    有料の岩盤浴「健康殿」(MAPPLE健康ガイドより)
    ミニシアターやレストルーム、エステティックサロン、まんがコーナー、インターネットなど
    さまざまな施設を備えており、夏期には最大500人収容の県内最大級の全天候型ビアガーデンが
    オープンし、大型テントを備えているので雨天時でも楽しめるのが特徴である。
    日替わり料理のバイキング形式で、時間制限なしの食べ放題、飲み放題である。
    本館入館者やパブリックゴルフ利用者には割引特典もある。
    大広間や宴会場での宴会も受け付けている。
    本館と新館に分かれていて、渡り廊下でつながっている。
    荷物や衣類は、浴室用の脱衣室ロッカーに置くことになるので、
    別館にある休憩室にはその都度行き来することになる。受付で一度キー(リストバンド)をもらえば、
    温泉用館内(レストラン、そのほかの利用料金)は後清算システムになっていて、
    財布なしで食事や自動販売機(たばこやおつまみなど一部現金払いがある)、
    カラオケなどが利用できる。一階にある岩盤浴は無料だが、有料の岩盤浴もある。
    アクセス : ●山陽自動車道・徳山東ICより車で約10分。
            ●山陽本線・櫛ヶ浜駅または下松駅下車、タクシーで約5分。
            ●防長交通バス・下松駅〜櫛ヶ浜〜徳山駅線で「健康パーク前」下車
    参 : くだまつ健康パーク公式サイト山田石油株式会社(HP)

    
    スタンプカードの表面(原寸8.5×5.5cm)
    
    スタンプカードの裏面
    
    ご長寿カードの表面(原寸8.6×5.6cm)
    
    ご長寿カードの裏面

2010年7月現在の招待券の表面。裏面は白紙。(原寸は18×6.5cm)

2010年2月現在の入浴券(優待券)の表面。裏面は白紙。(原寸は18×6.5cm)

2010年2月現在の割引券の表面。裏面は白紙。(原寸は16×7cm)

開館20周年記念の特別割引券の表面。裏面は白紙。(原寸は16×7cm)

1994年9月発行の優待券の表面。(原寸は16×7cm)

裏面

1992年頃の優待券の表面。(原寸は16×7cm)

裏面

誕生日優待券。優待はうれしいことだが、家内の時には息子と嫁を連れていったので、
飲み食いの方に倍以上かかった。

    いやな感じ
     2010年3月4日の炭酸泉の利用時、いつもは肌に泡がつき触ると泡が水面にでるのだが、
    まったく泡が立たずにチリチリ感もないので年配の係員に「炭酸泉は泡が立たないので
    故障かもしれないので調べてもらえないか」と言うと、調べもしないで「そんなことはない」といい、
    30分待っても誰も調べにこなかったので、まともなお湯に浸かるのをあきらめて早めに退散した。
    以前利用した時は故障の表示があり、午後には直っていたのだが、今回は知らぬは客だけなのか。
    定期的にお湯のサンプルを取っているのは何をしているのだろうか。形ばかりなのだろうか。
    客がおかしいと言えば、ペーハー(pH)度でも調べて納得させて欲しいね。
    あせもや湿疹ができた時など、柚木慈生温泉のような強い酸性泉に浸かると治りが早いし、
    下松健康パークの炭酸泉も同じような効果があるのでよく利用しているが、
    今後、体にかゆみがでた時など、遠くても柚木慈生温泉に行くしかないか……
    こんなことがあると、トロン湯の効果も疑いたくなる。
    これからも客が何と言おうと知らぬ存ぜぬで通すのか、責任者のコメントが欲しい。
    天然温泉が湧き出てから利用料金が上がったのは仕方がないとしても、
    うたせ湯はなくなったし、浄水の飲料水もなくなり、タオルや館内着の追加は有料になったし、
    歯ブラシやカミソリは申し出ないとくれなくなったし、別な面でのサービスの低下はあるのだ。
    一人で何個も取るような客にも、サービス低下の一因がある。
     一時、酒風呂に代わっていたが、2011年6月初めに行った時は元の炭酸泉に戻っていた。
    しかし、泡はまとわり付かず炭酸の効果は無いようで、6月中旬に利用した時も同じだった。
    その後から利用した3回は泡が出て、まともな炭酸泉になっていた。
     日曜に行ったらたまたま父の日で、露天風呂にはバラの花がいっぱい浮いていて、
    香りとともにきれいな眺めは心を和ませてくれた。
    その後、5歳前後の男の子がバラの花を湯の中に入れ、
    花をバラバラにして外にまき散らしていたので注意をしたら出て行ったが、
    露天から離れたすきに戻って来て最後の一つまで千切ってすべてを花びらに変えてしまった。
    親のしつけといい、見ていて注意しなかった係員といい、日本は無責任時代に入ったようだ。
    子供が5、6人入って来て水のかけ合いを始めたので、洗髪もしないで引き揚げた。
    子供が多く気分の悪くなる土日は二度と行かないことに決めた。











































inserted by FC2 system