YSミニ辞典(に)

[ホーム] [索引] [前項] [次項]

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう) : 栃木県日光市にある神社。
    江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現を祀る。
    日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、
    他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが多い。
     東国の精神的中心としての歴史は徳川氏の東照宮よりも遥かに早く、
    遅くとも源義朝による日光山造営までさかのぼりうる。
    さらに源頼朝がその母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、
    鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて東国の宗教的権威の一中心であり続けた。
    徳川氏の東照宮造営はこの歴史を巧みに利用したと考えられる。
     家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言からである。
    家康は遺言中に「遺体は久能山におさめ、(中略)一周忌が過ぎたならば、
    日光山 に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。そして、八州の鎮守となろう」と述べている。
    家康が目指した「八州の鎮守」とは、「日本全土の平和の守り 神」である。
    家康は、不動の北極星の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたのである。
     明治初年の神仏分離により、日光は神社の東照宮・二荒山神社、
    寺院の輪王寺の二社一寺の形式に分立した。
    現在でも、一部の施設について東照宮と輪王寺の間で帰属について係争中のものがある。
    明治6年に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本庁の別表神社となっていたが、
    1985(昭和60)年に神社本庁を離れて単立神社となった。
     境内は輪王寺本坊、大猷院廟、二荒山神社などと共に「日光山内」として国指定史跡に指定され、
    「日光の社寺」として世界遺産に登録されている。
    
    東照宮への表参道。右に社号標があり、中央は一ノ鳥居。
    
    重要文化財の一ノ鳥居。高さ9m、柱の直径1.2m、花崗岩で造られた日本一の「石鳥居」である。
    日本三大鳥居の一つでもあり、他の二つは京都の八坂神社、鎌倉の鶴岡八幡宮の鳥居。

    
    一ノ鳥居をくぐって左側にある重要文化財の「五重塔」(2011.10.26撮影)。
    高さ35mで、1817(文化14)年に再建された。初層の蟇股には十二支の動物が彫刻されている

    
    重要文化財の「表門」(仁王門)。正面には仁王像(寺院)、背面には狛犬(神社)が安置されている。
    
    「表門」の阿形の仁王像(向かって右)
    
    「表門」の吽形の仁王像(向かって左)
    
    三神庫(さんじんこ)側からの「表門」の阿形の狛犬像(向かって右)
    
    三神庫(さんじんこ)側からの「表門」の吽形の狛犬像(向かって左)
    
    表門を入ると正面に見える、重要文化財の「三神庫」の中の中神庫。
    上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」で
    使用される馬具や装束類が収められています。(案内板より)

    
    「三神庫」の左側の上神庫(かみじんこ)。例祭等に使用する道具が収められている。
    「妻」に施された2頭の「象の彫刻」の下絵は、狩野深幽が想像で描いた著名なものである。
    左奥の建物は左側の「鼓楼(ころう)」。

    
    上神庫の象の彫刻。狩野探幽が実際の象を知らずに想像で下絵を描いたことから
    「想像の象」と呼ばれる。

    
    右側の象のズーム(Wa☆Daフォトギャラリーより)
    
    重要文化財の「神厩舎(しんきゅうしゃ)」
    境内唯一の素木造りの神厩舎はご神馬をつなぐ厩(うまや)で、
    右側は馬を扱う役人の詰め所になっています。昔から猿が馬を守るとされているところから、
    長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。
    中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名です。(案内板より)

    
    経蔵(きょうぞう)経の収納庫。内部は非公開。
    八角形の回転式書庫が収められているため、輪蔵(りんぞう)とも言われる。
    
    御水舎(おみずや)
    「柱」の素材は木材ではなく花崗岩で造営され、
    飛龍は細長い胴体ではなく、まるで巨鳥のようであり尻尾は魚の尾鰭であり、
    龍と水とは縁が切れないことから飛龍の周囲の文様は波である。

    
    二ノ鳥居。正面奥に陽明門が見える
    
    国宝の「陽明門(ようめいもん)」。高さ11m、間口7m、奥行4mの12脚門で、
    1636(寛永13)年に完成した。御所十二門(外郭十二門)の内の名称を朝廷から賜ったもので、
    後水尾天皇の宸筆(しんぴつ)による勅額があるので勅額門とも。
    いつまで見ていても見飽きないところから「日暮門(ひぐらしもん)」とも言われる。(案内板より)

    
    陽明門の前面上部「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」の勅額(ちょくがく)は、
    後水尾(ごみずのお)天皇の宸筆(しんぴつ)によるもので、勅額門ともいわれる。
    陽明門より奥は、明治維新まで庶民は入ることができなかった。

    
    陽明門の正面奥の「唐門(からもん)」
    彩色を白と黒のみとする建物だが、精巧で優雅な彫刻や欄間の彫り抜きは陽明門を凌ぐともいわれる。
    柱には唐木の寄木細工で昇龍・降龍の彫刻があり、
    屋根には「鰭切れ(ひれきれ)の龍(昼の守)」と「つつが(夜の守)」が飾られている。

    
    国指定重要文化財の「神輿舎(しんよしゃ)」。1635(寛永12)年に建てられ、桁行3間、梁間3間、
    入母屋、銅瓦葺き正面には軒唐破風が設えられる建物で反対側にある神楽殿と対になっている。
    黒と金を基調とし高欄は朱色、組物、彫刻、欄間は極彩色で彩られ、
    内部には千人行列で渡御する家康(中央)、秀吉(左)、頼朝(右)を祭った神輿が安置されている。
    天井には狩野派が描いた天人舞楽が描かれていて
    神輿が無い時真下で手を叩くと鳴き竜現象が起こるという。
    
    神輿舎の内部。
    中央の三葉葵紋が入った徳川家康の神輿は、東照宮の主祭神(しゅさいじん)の神輿、
    向かって右側の豊臣秀吉の神輿と、向かって左側の源頼朝の神輿は配祀神(はいしじん)で、
    3基の神輿が納められている。天井には日本一美しいといわれる天女が描かれている。
    1636(寛永13)年に作られた初代の神輿は東照宮宝物館に展示されている。
    
    神楽殿(かぐらでん)。陽明門の右手に位置し、7m四方の入母屋造で内部は2室に分かれ、
    前が舞台、後ろが装束の間。北向きの舞台の正面は桟唐戸(さんからど)、残る三方は蔀戸(しとみど)で、
    周囲から舞台が見えるような造りになっている。欄間には牡丹、長押(なげし)には菊唐草、
    西側連子窓(れんじまど)下の胴羽目(どうばめ)には花篭の薄肉彫りが飾られ、
    緑青の連子窓や黒い柱、朱塗りの回縁など、色彩の対比が美しい。

    
    左側の「鼓楼(ころう)」。右奥は本地堂。
    下部は袴腰形をし、階上には朱塗の高欄を周囲に廻らせた「袴腰形鐘楼」である。

    
    鳴龍で有名な本地堂(ほんじどう)
    東照宮最大の建物で別名「薬師堂」といわれている。寛永の大造替のときに建てられ、単層入母屋造、
    高さ15m、正面20.8m、側面13m、総漆塗極彩色の華麗な建築である。
    当時、徳川家康は薬師如来の化身であると考えられたといわれ、内部には東照権現の本地仏、
    薬師如来を安置している。また、天井に描かれている鳴龍も有名。
    本地堂は、1961(昭和36)年に焼損しており、現在の建物は1963〜68年に再建されたものである。

    
    鳴龍
    
    1961(昭和36)年3月13日鳴龍焼失。楽しみに行ったのに、前日に焼け落ちていた。
    
    右側の「鐘楼(しょうろう)」
    社殿に見える動物 : 日光東照宮の建物に見ることができる多様な動物のほとんどは
     平和を象徴するものとして描かれている。
     眠り猫 : 奥社入口を護り、前足をしっかりと踏ん張っている事から、
      実は家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、
      もう一つの教えとして(裏で雀が舞っていても)「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。
     
     国宝の眠り猫(2009.8.6撮影)。奥の「坂下門」をくぐって石段を登って左に折れると
     奥宮(おくみや)へ向かう長い石段が続く。

     
     眠り猫(正面より)。陽明門の東廻廊にある、左甚五郎作と伝えられる小さな彫刻。
     
     眠り猫(左側より)
     
     眠り猫の裏側の雀。
     雀のような弱者でも江戸幕府のもとでは平和に暮らしていけるという意味が含まれている。

      : 神厩舎には猿の彫刻を施した8枚の浮彫画面があり、
      猿が馬を守護する動物だという伝承から用いられている。この8枚で猿の一生が描かれており、
      ひいては人間の平和な一生の過ごし方を説いたものとなっている。
      日光の彫像の中で眠り猫に続いて良く知られている、「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な
      3匹の猿はこの神厩舎に造られたものの1枚に過ぎない。なお、「見ざる、言わざる、聞かざる」は
      幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいいという教えである。
     
     神厩舎の「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿
    
奥宮(おくみや) : 拝殿・鋳抜門・御宝塔からなる徳川家康の墓所。
     
     奥宮入口の唐銅鳥居(からどうとりい)の案内板。宸筆(しんぴつ)とは、天皇の直筆のこと。
     
     唐銅鳥居。東照宮の奥宮側より。
     ちなみに、二荒山神社中宮祠(ふたらさんじんじゃちゅうぐうし)の国指定重要文化財の鳥居は、
     唐銅鳥居(からかねのとりい)と呼ぶ。

     
     重要文化財の東照宮の奥宮拝殿。
     参拝をするための社殿で、将軍でないと昇段参拝は許されなかった。建物全体が銅板で包まれており、
     その上に黒漆がぬられ、奥宮らしく落着きをみせた社殿である。(案内板より)

     
     拝殿の後方にある、重要文化財「鋳抜門(いぬきもん)」。
     椎名伊豫(しいないよ)作、慶安3年(1650)唐銅で屋根・柱・壁などを鋳造し、
     それを組立てたものです。(案内板より)
     
     重要文化財の奥宮御宝塔(御墓所)。左の幹だけの杉の木は樹齢約600年の「叶杉」。
     東照宮の御祭神家康公の神柩をおさめた宝塔である。八角九段の基盤の上にたち高さは5m、
     当初は木造であったが石造りに改められ、5代将軍綱吉公の時、
     現在の唐銅製(金・銀・銅の合金)に改鋳された。鋳工椎名伊豫(しいないよ)の作。
     この神域は350年式年大祭(昭和40年斎行)を記念して特別に公開している。(案内板より)
     家康が眠る奥の院の宝塔は、一般の墓に相当するもので、1965(昭和40)年の
     家康350年忌を記念して一般公開されるまで、聖域として一切の立ち入りが禁じられていた。
     藤堂高虎が造営を担当した徳川家康の廟・日光東照宮には、
     徳川家康の像の隣に南光坊天海と共に藤堂高虎の像が並べられている。

     参 : 日光東照宮(公式HP)、世界遺産・日光の社寺(HP)、(社)日光観光協会(HP)、
         全国東照宮連合會(HP)、栃木県日光市周辺地図(マップファンHP)














































inserted by FC2 system